アラノンとは

アラノンはアルコール依存の問題を持つ人の家族と友人が、
お互いの共通の問題を解決していく自助グループです。

アラノンに通うことによって自分自身の毎日が楽になり、そこから依存症者、また家族全体が良い方向に変化した例は数多くあります。

アラノンは個人のプライバシーを厳守します。誰と会ったか、何が話されたかは家族にも口外しません。

アラノンは会費も月謝もいりません。自分たちの自由な献金と書籍の売り上げだけで自立しています。

アラノンは宗教団体や政党、またそのほかのどんな組織とも関係がありません。

アラノンの目的は、アルコール依存症者の家族を助けることです。
私達は12のステップを実践し続けることによって、同じ問題を持った人を慰め理解し、さらにアルコール依存症者の助けとなることができます。

アラノンは1951年にアメリカで始まり、世界130カ国以上に広がっています。その実績は、多くの国で高く評価されています。

日本では1980年に始まり、現在、北海道から沖縄まで全国各地にミーティング場があります。
ミーティング場一覧 参照>。

1999年にNPO(特定非営利活動)法人の認可を受けています。

世界のアラノンの本部はアメリカ・バージニア州に置かれています。
日本の本部は、そのアラノン本部から認可を受けた、東京都大田区にあるアラノンジャパンGSOです。

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る